k8 カジノ k8オンカジ - skippinghippos.com, K8 カジノで利用できる 3000 以上のゲーム。k8 カジノ k8オンカジ - skippinghippos.comスロット、ルーレット、ゲームショーなどのゲームをプレイして、30% 以上のプロモーションを受け取ります

タグ: 咲 パチンコ 阿知賀

パチンコ ホール 閉店k8 カジノインプレースアップグレードに頼らない、最新Hyper-V Server 2019への移行仮想通貨カジノパチンコ咲 パチンコ 阿知賀

パチンコ ホール 閉店k8 カジノインプレースアップグレードに頼らない、最新Hyper-V Server 2019への移行仮想通貨カジノパチンコ咲 パチンコ 阿知賀

パチンコ ホール 閉店k8 カジノインプレースアップグレードに頼らない、最新Hyper-V Server 2019への移行仮想通貨カジノパチンコ咲 パチンコ 阿知賀

スポーツ 番組 野球k8 カジノ 「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

花 の 慶次 スロット 天 に 愛 され し 漢Windowsにまつわる都市伝説

最新バージョンに移行したい。でも、大容量データのコピーは避けたい

 前回は、サポートされるアップグレード方法である「クラスタOSローリングアップグレード(Cluster Operating System Rolling Upgrade)」以外の方法で「Hyper-V Server 2016」以前を「Hyper-V Server 2019」に移行する方法として、仮想マシンを別の場所にエクスポート(またはファイルをコピー)し、Hyper-V Server 2019をクリーンインストールしてから、仮想マシンをインポートして、その後、仮想マシンの構成バージョンをアップグレードするという手順を紹介しました。

知らなかったでは遅い? Hyper-V Serverは「インプレースアップグレード不可」という事実(本連載 第138回)

 しかし、上記の記事で示した手順は筆者が頭の中で想像したシミュレーションにすぎず、実際に試したわけではありませんでした。それでは少し無責任だと思ったので、次の3つのパターンを想定し、Hyper-V Server 2016からHyper-V Server 2019への移行作業を実際に行ってみました。

パターン1――仮想マシンのデータがC:ドライブにある場合パターン2――仮想マシンのデータが既定のパスにある場合パターン3――仮想マシンのデータが別ドライブにある場合

 結論から言うと、仮想マシンのデータを外部記憶装置にエクスポート(またはコピー)することなく、最新バージョンのOS環境に既存の仮想マシンを移行することができました。同じ方法で、Hyper-V Server 2012 R2以降からの移行が可能なはずです。

 今回試す3つのパターンは、いずれもローカルディスクに仮想マシンのデータ(仮想マシン構成ファイル、仮想ハードディスクファイル、チェックポイントファイルなど)が格納されているスタンドアロン環境を想定しています。

 FC SAN(Fibre Channel Storage Area Network)やiSCSI SAN、SMB(Server Message Block)共有など、仮想マシンのデータがSANやファイルサーバに格納されている場合は、「パターン3」とほぼ同じ手順で行えるでしょう(データディスクの再接続をSANやファイルサーバとの再接続に置き換えてください)。移行前に仮想マシンのバックアップを作成していませんが、運用環境ではバックアップしておくことを強く推奨します。

パターン1――仮想マシンのデータがC:ドライブにある場合

 Windows ServerやWindows 10、Hyper-V ServerのHyper-Vの仮想マシンデータを格納するための既定のパスは分かりにくい場所にあるため(パターン2で説明します)、「Hyper-Vマネージャー」の「Hyper-Vの設定」ウィンドウで既定のパスを変更したり、仮想マシンを作成するごとに既定とは別のパスを指定して保存したりしているユーザーは多いと思います。

 パフォーマンスや管理性の点からは、「パターン3」で想定するように別ボリュームに仮想マシンのデータを保存するのがお勧めです(同じディスクの別パーティションのボリュームではなく、別ディスクのパーティションのボリュームを推奨)。

 さまざまな理由があって、OSディスク用のボリューム(C:ドライブ)にある既定のパスや専用ディレクトリを作成して、その場所を利用している場合もあるでしょう。

 前回に説明したように、Hyper-V Serverは、設定やデータを維持したままの「インプレースアップグレード」ができません。しかしながら、OSディスク用のボリューム上の専用ディレクトリを利用している場合は、本稿で示す方法で仮想マシンのデータをその場所に維持したまま、最新バージョンに移行することが可能です。ここでは、「C:\VM」ディレクトリに仮想マシンのデータを格納しているものとして、実際に移行してみます(画面1)。

画面1画面1 パターン1のHyper-V環境。OSはHyper-V Server 2016、仮想マシンのデータは「C:\VM」ディレクトリに格納されている。画面左はWindows 10の「Hyper-Vマネージャー」をHyper-V Serverにリモート接続した管理環境、画面右はHyper-V Serverのローカルコンソール

 現在の仮想マシンのデータは「C:\VM」ディレクトリに置いたまま、再リリース版のHyper-V Server 2019のインストールメディアを使用してサーバを起動し、新規インストールを開始します。インストール先としては、現在Hyper-V Server 2016がインストールされているプライマリーパーティションを選択します(画面2)。

画面2画面2 新規インストールのために「カスタム:新しいバージョンのHyper-V Serverのインストールのみを行う」をクリックし、インストール先としてHyper-V ServerのOS用ボリュームのパーティションを選択する

 すると、現在のHyper-V Serverのシステム用ディレクトリ(\Windows、\Program Files、\Program Files《x86》、\ProgramData、\Usersなど)が「Windows.old」に移動されるという注意メッセージが表示されるので、「OK」をクリックして続行します。

 OS用ボリュームのルートに作成した仮想マシン用ディレクトリ「\VM」が削除されることなく維持されることは、この後の作業で確認できるでしょう。なお、OS用のボリュームのパーティションが分からない場合は、[Shift]+[F10]キーを押してコマンドプロンプトを開き、「DISKPART」コマンドを実行して確認してください。

 ビルトインAdministratorのパスワードを設定し、Hyper-V Server 2019の新規インストールが完了したら、コンピュータ名やネットワークの設定を手作業で再現し、リモート管理が可能なように構成します。インプレースアップグレードではなく、新規インストールなので、システム設定やアプリケーション(例えば、管理エージェントなど)は全て自分で設定する必要があります。

 その後、リモートの「Hyper-Vマネージャー」を接続して、移行前と同じ名前と構成で仮想スイッチを作成します。なお、仮想スイッチの名前が異なっていても、仮想マシンをインポートする際に仮想スイッチを指定するように求められるので、1つ手間は増えますが問題ありません。

 仮想マシン用の「C:\VM」ディレクトリは同じ場所に維持されていますが、新規インストールのため、当然のことながらHyper-Vには未登録であり、「Hyper-Vマネージャー」の仮想マシンのリストは空の状態です。

 ここで「操作」ペインの「仮想マシンのインポート」を選択し、「C:\VM」ディレクトリ内にある各仮想マシンの「Virtual Machines」ディレクトリがある1つ上のパスを指定し、「仮想マシンをインプレースで登録する」を選択してインポートします(画面3)。「仮想マシンをインプレースで登録する」を選択すると、仮想マシンの現在の場所と仮想マシンIDを変更することなく、仮想マシンとして復元することが可能です。

画面3画面3 Hyper-V Server 2016の仮想マシンが格納されていた「C:\VM」ディレクトリ内のパスを指定し、Hyper-V Server 2019に仮想マシンをインプレースでインポートする

 仮想マシンを開始して、問題がないことを確認したら、仮想マシンの構成バージョンをHyper-V Server 2019の「9.0」にアップグレードします(画面4)。

画面4画面4 仮想マシンの動作に問題がないことを確認したら、構成バージョンをHyper-V Server 2019の「9.0」にアップグレードする

 このとき、以前の構成バージョンで作成された既存のチェックポイントは、全て破棄されることに注意してください。チェックポイントをしばらく利用可能にしておきたい場合は、無理して構成バージョンをアップグレードする必要はありません。ただしその場合、Hyper-Vの新機能の利用ができないなど制約が残ります。

 最後に、以下のコマンドラインを実行して「C:\Windows.old」ディレクトリを削除します(画面5)。

RD C:\Windows.old /S画面5画面5 「Windows.old」に重要なデータがないことを確認したら、「RD C:\Windows.old /S」コマンドで単純に削除する

 通常のインプレースアップグレードの場合、「C:\Windows.old」ディレクトリは「設定」→「システム」→「ストレージ」や、「ディスククリーンアップ」(Cleanmgr.exe)を利用して削除しますが、Server CoreであるHyper-V Serverではこれらの方法は利用できません。

 アクセス許可の問題があって、コマンドラインで「C:\Windows.old」ディレクトリを削除するのは難しい作業です。しかしながら、新規インストールで作成された「C:\Windows.old」ディレクトリについては、単純に削除することができました。

パターン2――仮想マシンのデータが既定のパスにある場合#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコfifa ブラジル 代表

無料 トランプ ゲームk8 カジノ「このままでは日本のネット業界は危ない」 グリー、プラットフォーム戦略の狙い仮想通貨カジノパチンコ咲 パチンコ 阿知賀

無料 トランプ ゲームk8 カジノ「このままでは日本のネット業界は危ない」 グリー、プラットフォーム戦略の狙い仮想通貨カジノパチンコ咲 パチンコ 阿知賀

無料 トランプ ゲームk8 カジノ「このままでは日本のネット業界は危ない」 グリー、プラットフォーム戦略の狙い仮想通貨カジノパチンコ咲 パチンコ 阿知賀

川崎 マルハン 桜 本k8 カジノ

ウルトラマン パチンコ おもちゃ 「日本のネット業界は危ない」――急成長を続けるグリーの田中良和社長は強い危機感を感じている。

 iPhoneアプリやSNS向けゲームで海外のメーカーの存在感が増している。このままでは日本のゲームメーカーやSNS産業自体が「なくなるかもしれない」とみる。

 同社はSNS「GREE」のプラットフォームを公開し、iPhoneアプリを皮切りに世界に進出。日本のSNSとして踏ん張り、「業界を盛り上げていきたい」という。

画像

 1月12日に発表したプラットフォーム戦略では、(1)外部のWebサービスやアプリケーション、端末からGREEの機能を利用できる「GREE Connect」(仮称)と、(2)外部開発者がGREE上でサービスを構築できる仕組み作り――の2つの方向性を提示した。

 (1)については今春、技術仕様や機能を公開予定。(2)はまだ「検討段階」で、内容なリリース時期なども「発表できる段階になはい」という。具体的な内容が未定のまま発表したのは、「『グリーはプラットフォーム戦略を一切採らないのでは』という誤解を解くため」という。

 これらの方向性は、「Facebook Platform」や「mixiアプリ」が先行してきたものと同じだ。外部開発者がSNS上にアプリを構築できる(2)の仕組みが特に脚光を浴びており、Facebookアプリでは数千万、mixiアプリでは数百万ユーザーを獲得するアプリも誕生。「モバゲータウン」もゲームアプリのオープン化戦略を進めている。

プラットフォーム戦略は、「SNSにゲームが増える」ではない

 ただこういったプラットフォーム戦略を「オープン化」と呼ぶと「本質を見失う」と田中社長は言う。「日本でSNSのオープン化と言えば、ゲームアプリが増えるというイメージの小さな話になってしまいがち。だが本質はそうではない。プラットフォーム戦略の推進でネットの世界が大きく変わり、時代が変わる」

 多くのユーザーを抱えるSNSがAPIを公開し、アプリケーションプラットフォームになることで、アプリの利用者数が劇的に増え、業界の勢力図も激変。ネットの使われ方も変わっていくとみる。

 ゲームアプリですでに変化が起きている。最も使われているFacebookアプリ(牧場ゲームの「FarmVille」)は7000万ものユーザーを獲得。人気ナンバーワンのmixiアプリ(サンシャイン牧場)のユーザーも400万以上。それぞれ、友人などと交流しながら進める「ソーシャルゲーム」と呼ばれるゲームアプリで、前者は米国、後者は中国のベンチャー企業が開発した。

 「ソーシャルゲームの売り上げは、日本の伝統的なコンソールゲームの売り上げに近づいて来ていると思う。この変化がゲーム以外にも広がれば、さらに大きな変化が起きる。プラットフォーム戦略は『SNSにゲームが増える』という狭い話ではなく、もっと大きな夢を持って取り組みたい。GREEはモバイルSNSで日本最大級。大きなプラットフォームになるだろう」

 ネットのプラットフォーム化とアプリの進化の先に開けている世界は「まだ分からない」。例えば、SNSもアプリもバラバラの部品となってお互いが連携し、各自が好みのツールを組み合わせて使うような世界になるかもしれない。「今後どうなるか、すべて分かっているわけではない。ただ5~10年後に今を振り返った時、大きな変化だったと思うことになるだろう」

「このままだと日本のネット業界は危ない」

 mixiアプリには日本の大手ゲームメーカーも多数参入しているが、存在感は小さく、中国のベンチャー企業が開発した「サンシャイン牧場」に大きく水を空けられている。「この事実はもっと脅威を感じるべき。mixiアプリではいきなり中国に負けた。このままだと日本のネット業界は危ない」と、田中社長は警鐘を鳴らす。

 「今後、日本のベンチャーより資金力のある中国や米国の企業が日本向けソーシャルアプリをもっと作ってくるだろう。5年、10年後には、中国や米国のアプリが当たり前になり、日本のものがなくなることもあり得る。そうなると日本でアプリ制作の仕事もなくなるし、日本らしいアプリもなくなってしまう」

 GREEのプラットフォーム化で、国内のゲームやアプリメーカーなどと連携。収益をシェアする仕組み作りなどで「IT業界自体を盛り上げたい」と考えている。「ぼくらが日本のIT業界で働けるのは、ユーザーが日本のサービスを使ってくれるから。日本の文化や雇用、税収を守るには、日本のIT産業を守らないと」

 Facebookが日本法人を設立し、本格参入をうかがうなど、SNS本体も世界競争にさらされつつある。「mixiアプリで日本メーカーは一度敗戦している。そこだけで負けがとどまる理由がないと思う。世界を意識しないと、日本からSNS産業がなくなってしまう」――GREEは日本のIT業界が生んだSNSとして世界を相手にする覚悟だ。iPhoneアプリやPC版を皮切りに、世界進出も計画している。

 「例えばEC分野では、米国のAmazonも強いが日本の楽天も頑張っている。検索ではGoogleがあってもYahoo!JAPANが頑張っている。SNSやソーシャルゲームがYahoo!JAPANや楽天のように生き残るか、OracleやWindowsのように海外製品に国産が負けてしまうか、今は大きな分岐点にあると思う」

関連キーワードGREE(グリー) | mixi アプリ | プラットフォーム戦略 | Facebook | オープン化 | サンシャイン牧場 | GREE Connect | ソーシャルゲーム | 田中良和仮想通貨カジノパチンコ広島 東洋 カープ の 今日 の 試合

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ スロット カジノ バカラ ゲーム k8カジノ 評判 k8 カジノ エンパイア カジノ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap