k8 カジノ k8オンカジ - skippinghippos.com, K8 カジノで利用できる 3000 以上のゲーム。k8 カジノ k8オンカジ - skippinghippos.comスロット、ルーレット、ゲームショーなどのゲームをプレイして、30% 以上のプロモーションを受け取ります

日: 2024年2月2日

ベラ ジョン カジノ 必勝k8 カジノ不測の事態に備えてGmailのメールデータをバックアップする仮想通貨カジノパチンコ80 コンポ

ベラ ジョン カジノ 必勝k8 カジノ不測の事態に備えてGmailのメールデータをバックアップする仮想通貨カジノパチンコ80 コンポ

ベラ ジョン カジノ 必勝k8 カジノ不測の事態に備えてGmailのメールデータをバックアップする仮想通貨カジノパチンコ80 コンポ

giga すk8 カジノ 「Tech TIPS」のインデックス

х1бет連載目次

対象:Gmail

 Gmailは比較的信頼性の高いメールサービスだが、それでも過去(2006年12月)に一部ユーザーのメールが消えてしまう、といった障害を起こしている。また操作を誤って大事なメールを削除してしまう、といったこともあるかもしれない。

 このような不測の事態に備えるには、Gmailのメールデータをバックアップしておくとよい。以前は、サードパーティー製のツールやサービスを使う必要があったが、現在ではGoogleから「Google Takeout」と呼ばれるバックアップサービスが提供されており、簡単にバックアップが可能となっている。

 ここでは、Gmailのメールデータをバックアップする手順を紹介する。

Gmailのメールデータをバックアップする

 WebブラウザでGmail(バックアップしたいGmailアドレスでログインしておく)を開き、右上の[Googleアカウント]アイコンをクリックする。現在、ログインしているアカウントが表示されるので、そこの[Googleアカウント]ボタンをクリックする。

Gmailのメールデータをバックアップする(1)Gmailのメールデータをバックアップする(1)WebブラウザでGmailを開き、右上のアイコンをクリックする。

 新しいタブでGoogleアカウントの管理を行うための[Googleアカウント]画面が開くので、左メニューで[データとカスタマイズ]を選択する。

 [データとカスタマイズ]画面に切り替わるので、画面をスクロールして「データのダウンロード、削除、プランの作成」欄の[データをダウンロード]をクリックする。

 [自分のデータをダウンロード]画面に切り替わるので、「新しいアーカイブの作成」欄の「追加するデータの選択」で「メール」以外の項目のチェックを外し、「メール」のみチェックされた状態にする([選択をすべて解除]をクリックしてから、「メール」をチェックするのが楽だ)。

 「メール」のバックアップの対象として、「MBOXの形式」と「メールのすべてのデータが含まれます」が選択可能だ。実際には、どちらもデータフォーマットは同じMBOX形式で、「MBOXの形式」だと受信トレイのみ、「メールのすべてのデータが含まれます」だとバックアップできる項目が選べる、という違いしかない。受信トレイ以外の送信済みメールなどもバックアップしたい場合は、「メールのすべてのデータが含まれます」が選択するとよい。

 選択が終わったら、画面をスクロールして[次のステップ]ボタンをクリックする。

 「アーカイブ形式のカスタマイズ」欄が開くので、ダウンロードするアーカイブフォーマットとサイズを選択する。

 アーカイブフォーマットは、ZIP形式とTGZ形式の2種類から選択できる。通常は、ZIP形式を選択しておけばよい(TGZ形式を解凍するには、別途アーカイブユーティリティーが必要になる)。

 アーカイブのサイズは、1GB/2GB/4GB/10GB/50GBの5種類から選択できる。指定したサイズを超えるアーカイブは複数のファイルに分割される。USBメモリなどに保存して別のPCに持っていくような場合は、USBメモリのサイズに合わせればよい。通常は、50GBを指定しておき、なるべく1つのファイルになるようにしておくと便利だ。

 [アーカイブを作成]ボタンをクリックし、アーカイブが作成されてGmailにそのむねの連絡が届くまで待てばよい。バックアップするファイルサイズにもよるが、10分程度したらメールが届くはずだ。

 メールが届いたら、そのメールに書かれたリンクをクリックすると、バックアップファイル(ZIPファイル)をダウンロードできる。アーカイブがダウンロードできる期限は1週間ほどなので、なるべく早くダウンロードするようにしよう。

Gmailのメールデータをバックアップする(2)Gmailのメールデータをバックアップする(2)[Googleアカウント]をクリックする。▼Gmailのメールデータをバックアップする(3)Gmailのメールデータをバックアップする(3)新しいタブで[Googleアカウント]画面が開くので、[データとカスタマイズ]を選択する。▼Gmailのメールデータをバックアップする(4)Gmailのメールデータをバックアップする(4)[データとカスタマイズ]画面に切り替わるので、画面をスクロールして「データのダウンロード、削除、プランの作成」欄の[データをダウンロード]をクリックする。▼Gmailのメールデータをバックアップする(5)Gmailのメールデータをバックアップする(5)[自分のデータをダウンロード]画面になるので、「追加するデータの選択」欄の「選択をすべて解除」をクリックする。▼Gmailのメールデータをバックアップする(6)Gmailのメールデータをバックアップする(6)「メール」にチェックを入れて、バックアップする対象を選択する。「MBOXの形式」は受信トレイのみが対象となる。▼Gmailのメールデータをバックアップする(7)Gmailのメールデータをバックアップする(7)「メールのすべてのデータが含まれます」を選択した場合、この画面が表示され、バックアップの対象が選択できる。▼Gmailのメールデータをバックアップする(8)Gmailのメールデータをバックアップする(8)[次のステップ]ボタンをクリックする。▼Gmailのメールデータをバックアップする(9)Gmailのメールデータをバックアップする(9)バックアップファイルの形式とそのファイルサイズを選択して、[アーカイブを作成]ボタンをクリックする。▼Gmailのメールデータをバックアップする(10)Gmailのメールデータをバックアップする(10)アーカイブの作成が開始される。続けて、別のアーカイブを作成する場合は、[別のアーカイブを作成]をクリックすればよい。▼Gmailのメールデータをバックアップする(11)Gmailのメールデータをバックアップする(11)アーカイブが作成できたら、このようなメールが届く。メール本文の[アーカイブをダウンロード]ボタンをクリックすると、バックアップファイルがダウンロードできる。▼Gmailのメールデータをバックアップする(12)Gmailのメールデータをバックアップする(12)バックアップファイルを7-Zipで開く(エクスプローラーで開くことも可能だが、ここでは分かりやすいように7-Zipを使った)と、このようにMBOX形式でメールデータがバックアップされていることが分かる(画面は、「MBOXの形式」を選択した場合)。バックアップを復元する

 残念ながら現時点では、バックアップしたデータを直接Gmailに読み込ませる方法が提供されていない。

 そこで、Windows OS上にMozilla Thunderbirdをインストールし、アドオンとしてImportExportToolsを追加した上で、バックアップしたMBOXを読み込む。これで、バックアップしたメールをMozilla Thunderbirdで確認することができるようになる。

 この状態で、復元したいGmailにIMAPで接続して、同期すればよい。その手順は、マルチ・デバイス時代のGmail活用術「最終回 過去に受信・保存したメールをGmailに移行・集約する」を参照してほしい。

■更新履歴

【2019/03/05】最新の状況に合わせて記事を更新しました。

【2016/12/05】初版公開。

「Tech TIPS」のインデックス

「Tech TIPS」

仮想通貨カジノパチンコau pay ドラックストア

仮想 通貨 4 月k8 カジノ【Google Chrome】「特別なURL」でトラシューや開発、管理に便利な機能を呼び出す(一覧あり)仮想通貨カジノパチンコじゃん たま 役 満 出 やすい

仮想 通貨 4 月k8 カジノ【Google Chrome】「特別なURL」でトラシューや開発、管理に便利な機能を呼び出す(一覧あり)仮想通貨カジノパチンコじゃん たま 役 満 出 やすい

仮想 通貨 4 月k8 カジノ【Google Chrome】「特別なURL」でトラシューや開発、管理に便利な機能を呼び出す(一覧あり)仮想通貨カジノパチンコじゃん たま 役 満 出 やすい

best online gambling real moneyk8 カジノ 「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

秩父 パチンコ連載目次

■記事内目次Chromeにはたくさんの「秘密のURL」が隠されている!?Chromeの特別なURLの一覧を表示させるChromeの「特別なURL」の一覧と概要デバッグ用の特別なURLの一覧と概要プラットフォームによっては利用できないURLもあるChromeにはたくさんの「秘密のURL」が隠されている!?

 アプリケーションの設定を変更したり、状態を確認したりするには、メニューからオプション設定画面を呼び出したり、デバッグ機能を起動したりするのが一般的です。

 一方Google Chrome(以下、Chromeと略)の場合は、それだけではなく、アドレスバー(オムニボックス)に「chrome://~」で始まるURLを入力すると、詳細なバージョンや内部状態を表示させたり、さまざまな機能を呼び出したりできます。

 例えば「chrome://version」と入力すると、Chromeのバージョン情報が表示されます。

Chromeの詳細なバージョン情報を表示させる特別なURLの例Chromeの詳細なバージョン情報を表示させる特別なURLの例

 Chrome本体に限らず、Chromeに内蔵されているJavaScriptやFlashなどのエンジンのバージョンも確認できます。これは、設定メニューの[ヘルプ]-[Google Chromeについて]で表示される概要情報より詳しい内容です。

Chromeの特別なURLの一覧を表示させる

 「chrome://~」で始まる特別なURLは、次のいずれかをアドレスバーに入力して[Enter]キーを押すと一覧表示され、確認できます(全て同じページが表示されます)。

chrome://aboutchrome://chrome-urlsabout:aboutChromeの特別なURLの一覧を表示させるChromeの特別なURLの一覧を表示させる

 デスクトップ版Chromeの場合、以下のキーボードショートカットによってアドレスバーへ素早く移動できます。

Windows OS版: [Ctrl]+[L]、[Alt]+[D]、[F6]キーのいずれかmacOS版: [command]+[L]キー

 また、上の画面のURLを覚えるのが面倒ならば、一般的なWebページと同様にブックマークしておくと簡単に呼び出せます。

 上の画面の「For Debug」カテゴリーにある機能は、指定したエラーなどを引き起こすためのものであり、各種デバッグでしか使うことはありません。そのため、間違って実行しないように、リンクではなくただの文字列になっています。呼び出すには、この文字列をコピーしてアドレスバーに入力する必要があります。

Chromeの「特別なURL」の一覧と概要

 こうやって呼び出せる機能は、管理者やWebサイトの開発者にとっては有用なものが多くあります。

 具体的には、Chromeの内部状態やキャッシュなどの情報、使用しているプロトコルや通信内容、統計情報、レンダリングパフォーマンスログの表示、各種拡張機能やオプションフラグの設定など、多岐にわたっています。

URL機能about:chrome://versionChromeの詳細なバージョン情報の表示about:aboutchrome://aboutchrome://chrome-urls特別なURLの一覧の表示chrome://accessibilityユーザー補助機能の有効/無効chrome://appcache-internalsアプリケーションキャッシュの表示chrome://appsインストールされている拡張アプリの一覧。[アプリ]ボタンと同じchrome://blob-internalsBLOB(Binary Large Object)という内部データの一覧chrome://bluetooth-internalsBluetoothのインタフェースアダプターや機器の状態の表示chrome://bookmarksブックマークマネージャの起動chrome://chromeGoogle Chromeの概要ページの表示chrome://componentsChromeに読み込まれているコンポーネントの一覧表示と更新chrome://conflictsChromeに読み込まれているモジュールの一覧と衝突情報の表示chrome://crashesChromeの障害発生ログchrome://creditsChromeに組み込まれているモジュールのライセンス情報の表示chrome://device-logデバイスに関するログの表示chrome://devicesChromeから利用できるデバイス(プリンタなど)の一覧chrome://dino横スクロールのゲームの起動chrome://discards破棄されたタブの情報の表示chrome://download-internalsChrome内部での各種ダウンロード情報の表示chrome://downloadsダウンロード画面の表示chrome://extensionsインストール済みの拡張機能の一覧画面chrome://favicon/<URL>指定したWebサイトの保存済みfavicon(URL欄に表示される小さいアイコン。お気に入りアイコン)を表示させる。例:chrome://favicon/https://www.atmarkit.co.jp/chrome://flagsChromeの「試験的な機能」の有効/無効などの設定Chromeの特別なURLの一覧(1/3)

「chrome://flags」の例「chrome://flags」の例

URL機能chrome://gcm-internalsGoogle Cloud Messaging情報の表示chrome://gpuGPU(ハードウェアグラフィックス機能)関連情報の表示chrome://help「Google Chromeについて」画面の表示chrome://histograms各種統計情報のヒストグラム表示chrome://history履歴画面の表示chrome://indexeddb-internalsIndexedDB(ローカルストレージで利用できるデータベースの一種)情報の表示chrome://inspectChromeデベロッパーツール(開発者向けの補助ツール)の起動chrome://interstitialsWebページへの遷移直前に挟み込まれる各種通知/警告/エラー画面の表示chrome://interventions-internalsChrome内部での各種プレビューやブラックリストの設定chrome://invalidationsInvalidations(オブジェクトの無効化)に関するデバッグ情報の表示chrome://local-stateローカルステート情報の表示chrome://media-engagementビデオや音声などのマルチメディアデータを再生したWebサイトの履歴の統計情報chrome://media-internalsビデオや音声などのマルチメディアデータに関する情報の表示chrome://naclChromeのNaCl(ネイティブクライアント)情報の表示chrome://net-export通信データのキャプチャーや解析のための機能。通信プロトコルの詳細やタイミングなどが調査可能。キャプチャーされたデータはJSON形式でファイルに保存chrome://net-internals通信データのキャプチャーや解析のための機能。通信プロトコルの詳細やタイミングなどが調査可能。キャプチャーされたデータはリアルタイムで表示chrome://network-error/<番号>ネットワークエラー画面の表示用URLchrome://network-errorsネットワークエラーメッセージの一覧の表示chrome://newtab新しいタブページの表示chrome://ntp-tiles-internals新しいタブにタイル形式で表示される推奨ページ一覧の設定や詳細情報の表示chrome://omniboxオムニボックス(アドレスバーのテキスト入力ボックスのこと)の機能(自動補完やサジェスチョンなど)のテスト画面chrome://password-manager-internalsパスワードマネジャーの表示chrome://policyブラウザポリシーの表示Chromeの特別なURLの一覧(2/3)

「chrome://histogram」の例「chrome://histogram」の例

URL機能chrome://predictors自動補完リストなどの表示chrome://print印刷プレビューページの表示chrome://quota-internalsディスクの使用量やクオータ設定などの表示chrome://safe-browsing安全ではないWebサイトの閲覧を防ぐ「セーフブラウジング」機能の内部情報の表示chrome://serviceworker-internalsService Worker(バックエンドで実行されるスクリプト)の情報の表示chrome://settings設定画面の表示。ツールバー右端のメニューから起動する[設定]メニューの画面と同じchrome://signin-internalsサインイン情報の表示chrome://site-engagementWebサイトの訪問回数の統計情報chrome://suggestionsサジェスチョン情報(新しいタブに表示される、よく使うサイトなどの情報)の表示chrome://supervised-user-internalsユーザー情報の表示やフィルタリングの設定chrome://sync-internalsユーザー設定の同期機能に関する情報の表示chrome://systemシステム診断データの表示chrome://taskscheduler-internalsChrome内部のタスクスケジューラの情報表示chrome://termsGoogle Chrome利用規約の表示chrome://thumbnailsWebページのサムネイル情報の表示chrome://tracingレイテンシやレンダリングなどの情報の記録と表示chrome://translate-internalsリソースの翻訳などに関する情報の表示chrome://usb-internalsUSBデバイスに関する情報の表示chrome://user-actionsユーザーアクティビティー(タブの操作やページのロードなど)のモニターchrome://webrtc-internalsWebRTCに関する内部データの取得chrome://webrtc-logsWebRTCログの表示view-source:<URL>Webページのソースコードを表示させる。例:view-source:https://www.atmarkit.co.jp/Chromeの特別なURLの一覧(3/3)

「chrome://suggestions」の例「chrome://suggestions」の例デバッグ用の特別なURLの一覧と概要

 前述したように「For Debug」以下に表示されているURLはデバッグ用であり、指定された障害などを強制的に発生させるものです。実行すると警告なしでいきなりChromeが強制終了するURLもあります。むやみに実行しないように注意しましょう。

URL機能chrome://badcastcrashバッドキャストクラッシュの実行chrome://inducebrowsercrashforrealz/(chrome://crashとは別の手法での)クラッシュの実行chrome://crashクラッシュの実行chrome://crashdumpクラッシュとダンプの実行chrome://kill強制終了chrome://hangハング(無応答状態)の実行chrome://shorthangショートハングの実行chrome://gpucleanGPUのクリアの実行chrome://gpucrashGPUのクラッシュの実行chrome://gpuhangGPUのハングの実行chrome://memory-exhaustメモリ不足状態にするchrome://ppapiflashcrashPepper Flash(代替Flashプレーヤー)のクラッシュの実行chrome://ppapiflashhangPepper Flashのハングの実行chrome://inducebrowserheapcorruption/ブラウザのヒープ領域(動的に確保されるメモリ領域)の破壊を誘発chrome://heapcorruptioncrash/ヒープ領域の破壊によるクラッシュの実行chrome://quit/Chromeの終了chrome://restart/Chromeの再起動Chromeの特別なURLの一覧(デバッグ用)

プラットフォームによっては利用できないURLもある

 Windows OSやmacOS、iOS(iPhone/iPad/iPod touch)、Android OSといったプラットフォームによっては、上記のURLの一部は利用できない(呼び出してもエラーになる)ことがあります。例えば前述の「chrome://devices」(プリンタなど利用可能なデバイスの一覧)はiOS版Chromeでは利用できません。

■更新履歴

【2019/04/17】スクリーンショットを刷新、拡充しました。Chrome最新版の情報を反映しました。

【2018/03/19】スクリーンショットを拡充しました。Chrome最新版とWindows以外のプラットフォームの情報を反映しました。

【2016/11/21】初版公開。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

「Google Chrome完全ガイド」

仮想通貨カジノパチンコw650 マフラー ヤフオク

新台 パチスロk8 カジノExcelの邪魔な「貼り付けオプション」ボタンを非表示にする仮想通貨カジノパチンコ宝塚 歌劇 チケット

新台 パチスロk8 カジノExcelの邪魔な「貼り付けオプション」ボタンを非表示にする仮想通貨カジノパチンコ宝塚 歌劇 チケット

新台 パチスロk8 カジノExcelの邪魔な「貼り付けオプション」ボタンを非表示にする仮想通貨カジノパチンコ宝塚 歌劇 チケット

楽天 ウォレット 口コミk8 カジノ 「Tech TIPS」のインデックス

仮想 通貨 4 月連載目次

対象:Excel 2010/2013/2016

Excelでコピー&ペーストすると……

 Excelで作業を行っていて、セルやセル範囲のコピー(カット)&ペーストをすると、ペーストしたセルの右下に「(Ctrl)▼」と表示されたボタン([貼り付けオプション]ボタン)が現れる。このボタンの「▼」部分をクリックすると、ペーストの際のオプション(「数式」や「元の書式を保持」「罫線なし」「リンクの貼り付け」など)が後から選択・反映できる。

[貼り付けオプション]ボタンとは(1)[貼り付けオプション]ボタンとは(1)コピーまたはカットしたセルやセル範囲をペーストすると、[貼り付けオプション]ボタンが表示される。▼[貼り付けオプション]ボタンとは(2)[貼り付けオプション]ボタンとは(2)貼り付けオプションを選択すれば、そのオプションが反映される。▼[貼り付けオプション]ボタンとは(3)[貼り付けオプション]ボタンとは(3)[元の列幅を保持]を選択すると、このようにオリジナルの列幅に広がる。

 ただ、この[貼り付けオプション]ボタンが表示されると、その下にあるセルを選択することができず、次々と値をコピーしたいような場合には不便だ([Esc]キーでボタンを消去できるが、毎回[Esc]キーを押すよりも、最初から表示されないようにする方が楽だ)。

 また、貼り付け時のオプションは、ペーストする際に右クリックメニューで選択できるので、この[貼り付けオプション]ボタンはなくてもそれほど困ることはない。

 [貼り付けオプション]ボタンが邪魔ならば、このボタンを表示しないようにすればよい。その方法を紹介しよう。

[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする

 Excelを起動し、[ファイル]タブを選択する。[情報]画面が開くので、左側のメニューで[オプション]を選択する。

 [Excelのオプション]ダイアログが開くので、左メニューの[詳細設定]を選択すると、右ペインに詳細オプションが表示されるので、ここの「切り取り、コピー、貼り付け」欄を探し、「コンテンツを貼り付けるときに……」のチェックを外せばよい。これで、[貼り付けオプション]ボタンが表示されなくなる。

 この設定は、新しいExcelのブックを開いた際にも反映されるので、一度設定しておけばよい。なお、Wordも同様に[貼り付けオプション]ボタンが表示されるが、同じ設定で[貼り付けオプション]ボタンを非表示にすることができる。

[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(1)[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(1)Excelの[ファイル]タブを開き、左側のメニューで[オプション]を選択する。▼[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(2)[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(2)[Excelのオプション]ダイアログが開くので、左メニューの[詳細設定]を選択する。▼[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(3)[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(3)「切り取り、コピー、貼り付け」欄を探し、「コンテンツを貼り付けるときに……」のチェックを外す。▼[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(4)[貼り付けオプション]ボタンを非表示設定にする(4)[貼り付けオプション]ボタンが表示されなくなる。[貼り付けオプション]ボタンを使わずに書式を設定して貼り付ける

 [貼り付けオプション]ボタンを非表示にした後に、書式(貼り付けオプション)を選択して貼り付けたい場合は、貼り付けたいセルを右クリックし、メニューから[形式を選択して貼り付け]を選択して、貼り付けオプションを選択すればよい。

[貼り付けオプション]ボタンを使わずに書式を設定して貼り付ける[貼り付けオプション]ボタンを使わずに書式を設定して貼り付ける貼り付けたいセルを右クリックし、メニューから[形式を選択して貼り付け]を選択して、貼り付けオプションを選択する。

 キーボードショートカット(以前のOfficeのアクセスキー)で素早くこの書式指定貼り付けを行うには、[Alt]+[E]に続いて[S]キーを押せばよい。

「Tech TIPS」のインデックス

「Tech TIPS」

仮想通貨カジノパチンコパズル ゲーム 無料 ワウ

まる たま 石巻k8 カジノ【 pdfunite 】コマンド――複数のPDFファイルを結合する仮想通貨カジノパチンコgambling site

まる たま 石巻k8 カジノ【 pdfunite 】コマンド――複数のPDFファイルを結合する仮想通貨カジノパチンコgambling site

まる たま 石巻k8 カジノ【 pdfunite 】コマンド――複数のPDFファイルを結合する仮想通貨カジノパチンコgambling site

スロット 動画 撮影k8 カジノ 「Linux基本コマンドTips」のインデックス

パチスロ 戦国乙 やめどきLinux基本コマンドTips一覧

 本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、複数のPDFファイルを結合する「pdfunite」コマンドです。

目次

pdfuniteコマンドの概要 | 書式| オプション一覧

実行例PDFファイルを結合するpdfuniteコマンドとは?

 「pdfunite」は複数のPDFファイルを指定した順番に結合するコマンドです。

 逆に、PDFファイルを1ページごと分離するには「pdfseparate」コマンド(連載第283回)を使います。

目次に戻る

pdfuniteコマンドの書式

pdfunite 元ファイル1 元ファイル2 元ファイル3…… 保存ファイル

※[ ]は省略可能な引数を示しています。

目次に戻る

pdfuniteの主なオプション

 pdfuniteには、バージョンを表示する「-v」オプション、ヘルプを表示する「-h」「-help」「–help」「-?」オプションしか備わっていません。

目次に戻る

PDFファイルを結合する

 「pdfunite 元ファイル(複数指定可能) 保存ファイル」で複数のPDFファイルを元ファイルとして指定した順番通りに結合して、1つのファイルに保存します。

 最後に指定したファイル名が保存先のファイル名となるため、注意してください。既存のファイルを指定した場合でも、上書きするかどうか確認はありません。

 画面1では、「sample1.pdf」をpdfseparateコマンドでページ単位に分割後、pdfuniteコマンドで一部のページを連結しています。

コマンド実行例

pdfunite 元ファイル1 元ファイル2 元ファイル3 保存ファイル

(PDFファイルを結合する)

pdfunite sample1-1.pdf sample1-2.pdf sample1-12.pdf

(sample1-1.pdfとsample1-2.pdfを結合してsample1-12.pdfに保存する)(画面1)

pdfunite sample1-[1-5].pdf sample1-12345.pdf

(sample1-1.pdf sample1-2.pdf sample1-3.pdf sample1-4.pdf sample1-5.pdfを結合してsample1-12345.pdfに保存する)(画面1)

pdfunite sample1-{1,3,5}.pdf sample1-odd.pdf

(sample1-1.pdf sample1-3.pdf sample1-5.pdfを結合してsample1-odd.pdfに保存する)(画面1)

画面1画面1 PDFファイルを結合したところ

目次に戻る

筆者紹介

西村 めぐみ(にしむら めぐみ)

PC-9801NからのDOSユーザー。PC-486DX時代にDOS版UNIX-like toolsを経てLinuxへ。1992年より生産管理のパッケージソフトウェアの開発およびサポート業務を担当。著書に『図解でわかるLinux』『らぶらぶLinuxシリーズ』『Accessではじめるデータベース超入門[改訂2版]』『macOSコマンド入門』など。2011年より、地方自治体の在宅就業支援事業にてPC基礎およびMicrosoft Office関連の教材作成およびeラーニング指導を担当。

仮想通貨カジノパチンコ今日 の 通販 番組

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ スロット カジノ バカラ ゲーム k8カジノ 評判 k8 カジノ エンパイア カジノ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap